シュタイナー教育

えいごのいずみの小学生クラスでは、シュタイナー教育に基づいて授業を組み立てています。

Rudolf Steiner 27 (25?) February 1861 – 30 March 1925 (aged 64)

シュタイナー教育とは、オーストリア生まれの思想家、ルドルフ・シュタイナーが提唱した教育方法です。

主な特徴:

究極の敵期教育:一生を超えたスパンで人間を捉え、大きくは7年ごとに区切った成長期間に沿って教育の方法を考える

7歳まで 知的なことはしない。肉体と共に意志を育てる。

7歳〜14歳まで 芸術を用いて教育をする。主に感情を育てる。

14歳〜21歳  引き続き、芸術的なアプローチを用いる。思考の力の育つ時期。

目に見えない領域も人間のあり方として捉える 具体的には:眠りの大切さ、エネルギーのあり方

子供の気質を捉えた指導方法

12の感覚を育てる: 意志、感情、思考

生き生きした授業内容が子どもの総合的な能力を育てる

******

網羅しきれてはいませんので、また折に触れ、このページは書き換えて行きます。