追悼:ル・グィン

もっとブログの体裁を整えてから、と、思ってたのですけど。

夕刊を見たら、アーシュラ・ル・グィンが亡くなったことが報じられていました。
うーん、お世話になりました。88歳とのこと。

ル・グィンと言えば、これ。ゲド戦記。

(この本、持ってたけど、息子に持っていかれちゃったなあ……)

2巻がゆっくりで死にそうになりました。

でも実はわたしが好きだったのはこれ。いつ読んだんだろう。静かな静かなSF。イメージ的にロシアの話かなあってなんとなく思ってました。別の星の話だけど。

そして子どもと楽しんだのはこれ。村上春樹の翻訳も良かった。子猫がhumanbeanっていうのをインゲンって訳してたりして。あとがきでご本人が、わざわざ言ってるくらいなので、きっと(俺、やったぜ)と思ってたのでは。

英語版。

この作家と同時代に生きていられたことを幸運に思います。ご冥福をお祈りします。

ゲド戦記を英語で読んでみるのもいいかも。4つおはなし入ってます。

 

続きがあるの知りませんでした。

英語版 catwings 買おうかな。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です