パラグラフ・リーディング【受験生の方へ】

この項は、もう、窮余の一策ですので、そのおつもりでお読みください。

************************

「あ、やべえ、もう時間ねえ!でも、もう一題、長文読解がある!」

という場合。

自分のリーディングスピードは知っていますか?1分間に何ワード読めるか、です。

だいたいこれがわかっていれば、ざっくり時間配分ができます。

知らない?

または

知っている、そして時間が足り無さそうだ!

では、とりあえず、パラグラフが何段あるか、ざっと見ましょう。

パラグラフは、わかりますね。日本語でいうところの段落です。基本的には、1ワードぶん、空いているところがパラグラフの最初です。1ワードあけずに行間を1行以上あけて、パラグラフを示しているときもあります。

パラグラフはいくつありましたか。5パラグラフ?では、その5つのパラグラフの最初の1文だけ読んでください。

なんとなく文全体のおおまかな内容が捉えられましたか?

では、問題文へ行きましょう。

問題の全部に回答します。

その上で、回答できなかった問題があり、もし、時間がまだあったら、関係のありそうなパラグラフへ戻ってもう少し読みます。

これは時間次第です。

************************************

英文には、パラグラフ・ライティングという文章の書き方の決まりがあります。パラグラフ=段落、と、だいたい捉えていると思いますが、パラグラフは、日本語の段落より、ずっとしっかりした構成です。

パラグラフ(段落)の内容(トピック)について、パラグラフの最初の1文には、「これからそのパラグラフで言おうとすること」が、書いてあります。

これをトピック・センテンスと言います。

トピック・センテンスには、そのパラグラフの要点が書いてあるはずなので、それだけ読めば、文の概要がつかめるはずなのです。

この間、高校3年生と一緒にエッセイで練習しました。

だいたい、概要はつかめました。でも、あくまでも概要(outline)です。

**********************************

もう一度。これは、時間がないときの窮余の一策です。正攻法は、全文、ちゃんと読めるように時間配分してください。

Good Luck.

p.s.

パラグラフ・ライティングに関して、勉強したい方に良い本は、これです。

英語パラグラフ・ライティング講座

英語パラグラフ・ライティング講座

f:id:bushfuchsia:20070829144415j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です