新しいゲーム 海底探検

4年生のクラスと、5年生のクラスで新しいゲームを導入しました。

海底探検、という日本の人が作ったゲームです。

小さなパッケージ。持ち歩きに便利です。

今回は、ほぼ全部、英語で説明しました。

割と複雑なルールだったので大丈夫かなと思いましたが、こういうときは、とにかくやってみる、という方式でやります。

「すごろくなの?」

「人生ゲームみたいなやつ?」

など、いろいろ質問が出ますが、まずは、

 

 

 

This is a submarine.  Do you now submarines?

「船?」

No, not a ship.  It goes into the sea.

「あー!潜水艦!」

Yes!

And this is the air.  赤い木のコマです。潜水艦の中の空気の残量を示すのですが、こどもには、そんなに難しいことを言わなくて大丈夫。

「Air?」

はあ、はあ、って呼吸をして見せればOKです。

「あああ、空気?」

Yes!

こんな風に、探検する遺跡チップを並べて、サイコロを振って、進めて行きます。今回はruinよりtreasureの方がモチベーション上がるのでお宝、treasureと呼びました。

潜水艦の空気がなくなったら1ラウンド終了です。3ラウンドしたところで一番得点の多い人が勝ち。空気がなくなる前に潜水艦に戻っていないと、せっかくとった宝物は海に置いてこなくてはいけません。闇雲に前に進むだけだと、海の藻屑となってしまうので、毎回、サイコロを振る前に、

I’ll go forward.

I’ll turn back.

のどちらかを宣言します。必ずセンテンスで、言わせるようにします。

 

また、遺跡チップも、その後のサイコロの目に影響を与えるので、むやみにとれば良いというものではなく、結構戦略を考えないといけません。うん、面白いゲームです!

The deeper treasures are higher score.

「後の人の方が有利ですね?」

Yes, There are more advantages for a latter person.

男子は、将棋を習っている子が多いので、「うーん、将棋みたいにアタマ使わないとな」と、言ってました。

最大人数が6人で、人数もぴったり。

わけがわからないながらも、英語の説明を聞いて、

”Do you want this treasure?  Yes, or No?”

”??”

”Say, yes.”

“? Yes…”

で、チップを渡されることを繰り返していきながら、だんだん理解していきます。

このわからなくても我慢して、少しずつ理解していく、という過程が大事です。

「わからないことを自分の中でホールドして、推測する、考える」

 

というのは、どんな学習においても重要なことです。

最初から答えのあるパターン演習ばかりでは、この力はつきません。

このジリジリする、イライラするような時間に耐えられない子も結構います。

「めんどくさいからもういいよ」とか。「意味を教えてくれないとわからない」とか。

それはこちらが我慢です。

 

****

先に4年生のクラスにやったので、「えー、わかんない」と、ブーブー言い始めた子もいましたが、ゲーム好きの子の熱に引っ張られて、なんとか導入。

後の5年生のクラスでは、

「ルールが少し複雑だけど、4年生は全部英語で説明して、理解してゲームを楽しめたから、君達も集中してやるように。ほかの人と遊んでたり、おしゃべりしてるとわからなくなるよ。」って言ったら、

「じゃあ俺たちもできるよな」って、集中してできました。プライドが滲み出てました(笑)

良い子たちです。

「来週もやる?」「来週もやりますか?」

って聞いてくれたら、成功です。

 

********

こちらから買えます。

楽天

海底探検 【オインクゲームズ】【090145】【4571394090145】

Amazon

海底探険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です