Bluetoothに’tooth’が入ってるのはなぜ?

昨日、高校の授業中に歯車の話が出てきて、toothは単数、teethは複数だよね、と、話していたら、さすが今どきの子たちなので、

「Bluetoothのtoothじゃね?」「同じ綴りだよ」「なんでtooth?」「絵も歯みたい?」「そうかぁ?」ってその場はやり過ごしてしまいました。

ちょっと気になってたので、Wikiを見てみました。

以下、Wikipediaから引用:

名称はスウェーデンのエリクソン社の技術者がつけたものである。初めてノルウェーデンマークを交渉により無血統合し、文化の橋渡しをしたデンマーク王ハーラル・ブロタン・ゴームソン (Harald Blåtand Gormsen / Haraldr blátǫnn Gormsson) の歯に死歯があり、それが青黒い灰色だったので「青歯王」と呼ばれたことに由来している[3]。「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められている。

Bluetooth のロゴは、北欧の長枝ルーン文字イェリング墳墓群の石碑に見られる)でハーラル・ブロタンの頭文字のH(ᚼ)とB(ᛒ)を組み合わせたものに由来する[4]

ーーーーーーーー

へえ、ルーン文字だったんだ、Bluetooth!そして虫歯の後とは……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください