百恵ちゃん

↑の写真はこちらから
https://mainichigahakken.net/hobby/article/post-943.php

今日は、大人の方とのLessonで、The Shell Collectorの 中の
For a long Time This Was Griselda’s Story
を読んで、その後、美容院へ行きました。

この話は、ネタバレですが、

背が高くて、ゴージャスなGriseldaと妹のRosemary の話です。

高校のとき、Griseldaはバレーボールの選手で、Rosemary は、チビだったので、マネージャーでした。Griseldaは、おませで、男関係の噂が絶えませんでした。

ある日、二人は、お祭りに出かけて、「メタルイーター」という金属を食べる男のショーをやっているのをみます。正確には、Griseldaだけが見ます。

Griseldaは、このショーの後、メタルイーターについていって、蒸発してしまいます。

二人の父親は、もうずいぶん前に亡くなっていて、母親は、染め物工場で働いて二人を養っていましたが、意気消沈して働けなくなりました。

Rosemaryは、高校をやめて、母がやっていた染め物工場で働き、母を支えます。

姉のGriseldaからは、手紙が月に一度くらい届いていました。どうやら、世界各地を旅して楽しくやっているようです。Rosemaryは、母には手紙を隠しておきました。忘れた方が良いと思ったからです。

Rosemaryは、そのうち、いつも通っているスーパーの肉屋の男と結婚します。

そのうち母親が亡くなりました。

Rosemaryは、姉から届いていた手紙を燃やします。

Rosemaryの夫のDuckは、それを見ます。

二人はダイエットしたりしながら仲睦まじくくらします。

ある日、メタルイーターのショーが、Rosemaryの町にやってきました。ショーは街で大人気です。
でも、Rosemaryは、思い出したくもない姉のショーには行きません。

しかし、Rosemaryの夫は、ひょんなことでそのショーに行き、メタルイーターの驚くようなショーを見、また、ショーの中で、スリットの入ったドレスを着たGriseldaの美しさに驚きます。
そして、Griseldaとメタルイーターを家につれてきます。

寝ていたRosemaryは、興奮した夫に起こされて、Tシャツとスエットで階下に降りていきます。

そして、母がなくなる前、姉のバレーボールのトロフィーを抱いて寝ていたこと、そして、母が亡くなった後、どうしたか、そして、Rosemary本人は、長年、この町を出ていこうとしたけど、なぜ出ていかなかったかを語った後、メタルイーターの手を掴み、

「この人(マジシャン?ペテン師?)が、いったいどんな大したやつだっていうの?」

「このみすぼらしいキッチン、窓際のサンタの置物、それが私の帰ってくるところよ!」と、怒りを爆発させます。

これがレッスンで読んだ内容です。

*****************************************************

美容院に行ったら、家庭画報を出してくれました。

そしたら、キルトの特集がありました。

「三浦百恵」さんの作品って出てました。往年の山口百恵ちゃんですね。

写真を見ましたけど、あのプレイバックバートツーの百恵ちゃんとはとても思えなかったので、同性同名の人なのね、って勝手に思いました。


写真はこちらからhttps://mainichigahakken.net/hobby/article/post-943.php

でも、記事を読み進めて行ったら、

「あ、これ、百恵ちゃんなんだ!」って、そりゃあもう、びっくりしました。

優しそうな、年配のおかーさんです。

そして、その手は、がっしりした働き者の手でした。

華やかな世界に惹かれてふらっと、勝手に出て行ったGriseldaの後を、だまって引き受けたRosemaryと、芸能界とは、きっぱり一線を引いて家のことを30年しっかりやってきた百恵ちゃんが重なりました。

フツーの生活を維持するのって、なんでもなさそうでいて、それは大変なことです。で、それはとても尊い。

今日はRosemaryと百恵ちゃんから、そういうことを考えさせられた日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください