英語キャラを立ち上げる

罰金1000円の前に、もう一つ英語学校にそういえば通ってました。
そこで、ニックネーム的に英語名をつける、っていうのやりました。

Bobとかさ。Cathyとか。Jamesとかさ。

「えー(汗)なにそれ……」と、当時思いましたが、一理あるかも。

そこまでやらなくてもいいのですが、たぶん、私は、英語モードになるときは、Kunikoを立ち上げてます。久仁子じゃなくて、Kuniko発動。

モードの切り替えをするんですね。

子どもを教えてても思いますが、6年生くらいから英語を学習し始めると、友だちの手前、なんとなく恥ずかしくて、いい発音で話せない、みたいなことが出てきます。

中学の英語のクラスなんかで、例えば帰国子女とかでネイティブなみの発音なら、みんな何もいいません。別格だから。
でも、それに近づけようとすると、「かっこつけてんじゃねーよって思われないか?」とか、勝手に妄想して、自己規制かけます。
だから個人レッスンがいいんですけど。

そういう恥ずかしさは、大人になったら関係ないし、捨てるべきなんですが、恐ろしいことに、これが染み付いている。
特に日本人相手に英語を話そうとすると、
「えーと」
「なんか」
とか、言っちゃったりします。

ここ、超えていきましょう。

お芝居なら、より役に成り切るほうが良い役者ですよね。

英語を話す「英語キャラ」を立ち上げてください。

英語を話す時は、徹底的に

英語キャラになりきる!

と、決めます。

恥ずかしがらないためには、

別人格を立ち上げれば良いのです。

あなたの中に、別の英語人格をつくる。
英語を話すときは、一芝居打つ。
英語しか話せない自分、になる。

なんか恥ずかしい……っていう人は、これ、試してみる価値があります。
ブレイクスルーしたいなら、やってみる。
恥ずかしさを超えていきましょう。

モードチェンジの仕方はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください