眼から鱗って英語がもとなのね

今朝のオンラインレッスンで「眼から鱗」って、生徒さんが言いたかったので、調べました。

寡聞にて存じませんでしたが、「眼から鱗」は英語から入ってきたんですね!

The WISDOMから:
突然、眼から鱗が落ちた

Suddenly the scales have fallen from my eyes.
I was suddenly awakened to the truth.

もちろんググってもいいのですが、

こういうのを辞書で引くときは、

成句にして「うろこ」または、「目」で引くといいです。
これ、THE WISDOMのスクリーンショット。眼から鱗で引くと、ひけません。

語源がこちらにありました。

Kazuhiro Takemura先生

TLL言語研究所代表。ビジネス英語研修講師。ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学専任講師
https://eikaiwa.dmm.com/uknow/questions/942/

抜粋:
もともとは、新約聖書のサウルというクリスチャンの迫害者が、ダマスカスへ行く途中で、イエス・キリストの幻と出会い、目が見えなくなります。その後、イエスの教え通りに行って訪ねた人の家で、「目から鱗のようなものが落ちて、再び見えるようになった。」という記述からとられています。彼はその後、キリスト教に改宗し、パウロと名を改め、キリスト教を世界宗教にまで拡大する役割を担うことになります。

勉強になりました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください