【大人のやり直し英会話】  最初は簡単な言葉を使おう!

難しい本は、けっこう読めるけど、会話ができない。
そういう方が、何人かいらっしゃいます。

今日は、この本を教材に、

パラグラフ(段落)毎に、質問や、感想を聞いてみました。

私 ”What about this paragraph?”

生徒さんは、こんな感じのことを伝えようとしてくれていました。
「彼の悲しみが伝わってくる」「共感する……」

”He……sentimental……..”

”sympathy……”

大人は、母語で考えるとき、かなり複雑で豊富な語彙を使っています。
それをそのまま英語に置き換えようとすると、難しいのです。
なので、
最初は、自分が小学校1年生とか、幼稚園の年長組くらいの気持ちになって、話すのをおすすめします。

I’m sad.

I feel sad for him.

まずは、これでOK!

物足りないかもしれませんが、とりあえず、悲しい気持ちがする、ということをいうのが最初です。

知的な方ほど、難しい言い方を探してしまいがちで、
「話せない……」「思ったことが言えない……」となりがちです。
でも、ここは我慢。
むしろ簡単な語彙で多彩に表現するゲームをしているくらいの気持ちで取り組み始めるのがコツです。

読書
本のリスニング
(まずは1冊、問答無用で、全部聞き切ってくださいね、と、いつも言います)

これをしていれば、語彙がだんだん増えてきます。

ごく短い文で、
1年生くらいの語彙で
とにかく、話し始めてみる。
まずはここから😊

そのヒントになる本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください