高校3年生、英語フツーです(2)

読むの遅いのね。そうですか。

これ読んでみて。どう?

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)

「うーん、このくらいからですかね」

(……ちょっと簡単すぎるかなー)

これは?

A Bear Called Paddington

A Bear Called Paddington

「うーん、わかんない単語があるともうやばいっす」

「わかんない単語があってもいいんだよ。わたしも今でも本読んでて、わかんない単語、いっぱいある。それを読み飛ばして、文全体から意味が推測できればいいの。」

これは?中3までの文法が分かってれば読めるはず。

Charlie and the Chocolate Factory

Charlie and the Chocolate Factory

チャーリーとチョコレート工場の話は知ってる?」

「はい、知ってます。」

「ちょっと音読してみて」

うん、それじゃ遅いよね。単語をひとつひとつ読んでるからね。

「はい、わかりました。じゃあね、CDとこの本、貸してあげるから、音声を聞きながら、黙読でいいから最後まで読みなさい。音声が引っ張ってくれるから。わかんない単語は辞書ひいていいよ。辞書アプリ持ってる?」

「持ってます」

「それから、自分で読みながら、1分でどのくらい読めるか測りなさい。それで計測しながら読む時間を速くしていくの」

「とりあえず、CDと一緒に本読めばいいすか」

「うん、それでいいよ」

黙読でも音声に引っ張ってもらえば、それなりにスピードはつきます。とくに1冊それをすれば何かが変わるはずです。

となりの部屋へ行きながら、

T「これ、もらったー」

私「こら!あげてないよ、貸しただけだよ!」

アドバイスはしました。やるかどうかは本人次第です。

がんばってね。

**************

⭐️えいごのいずみへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お問合わせ・お申し込み – eigo-no-izumi ページ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です