今時のティーンエイジャー向け物語、多読のススメ

大人の本で挫折した人、
または、
難しい英語の本は、何冊も読んだけど会話が苦手な人
こんな方は、
ティーンエイジャー向けの本を読みましょう!

なぜ児童書が良いのか

大人向けの小説だと、描写、説明が続きます。

たとえば、Life of Piくらいのレベルの小説だと、ボートの詳細な描写とか、Piがどんな状態なのかが、たくさん出てきます。これを読み取るのが、難しい。

一つのセンテンスも長いし、パラグラフも長い。

こんな感じでずっと説明が続きます。全然、会話文が出てこない。

児童書の特徴は、説明が会話文で進んでいくことです。
これは、読書力の落ちてきた昨今、大人向けにも
「何か説明したいときは、会話文を使う」って、
天狼院のライティングゼミでも習いました(笑)

これは、Wonderの中身です。マーカーをちょっとつけたのが会話文の最初。

会話文ばっかりです。

クラッシックもいいのですが、今の子どもたちのために書かれた本を読むと、普通の話し言葉がどんな風になってるのかを自然に学べます。

大人っぽい話し方はもちろんあるかもしれないけど、フツーにする、簡単な会話ってありますよね。

なので、難しい本を読めるけど、会話は苦手、って言う人は、会話の上達には、児童書も読むと日常会話のニュアンスが掴めると思います。

女の子の子たちが男の子をcuteって言うとか。
爆笑は、crack upだとか。

そして、会話文の中では、現在形で話が進むので、
時制が苦手な人にもわかりやすい

レッスンでは、英語で要約します。そのときは、過去形や間接話法にする必要があるので、それも良い練習になります。

また一つの章が1〜3ページくらいなので、少しずつ読めるのでやはり読みやすいです。

お勧め本リスト


Wonderは良い本でした。感動しました(泣)大人もぜひ。


こちらの方がもっと簡単です。



同じ作者のいつもおすすめしているHoles。



これもおすすめです。



その続き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください