Fun!Fun!Fun! DiXit ディクシット

小学生とDiXitしました!ボードゲームです。

f:id:bushfuchsia:20171205114534j:plain
f:id:bushfuchsia:20171205114621j:plain
f:id:bushfuchsia:20180111150530j:plain

きれいで不思議な絵でしょう?

3人から6人で遊べます。

手札を6枚ずつ配って、一人ずつ、順番に「語り部」になります。

語り部は、1枚のカードを手札から選び、それに「お題」をつけて、伏せて出します。他の人も、その題をつけてもよさそうな絵を自分の手札から選んで伏せて出します。

それをシャッフルし、並べて、語り部のカードがどれなのかを投票して当てるゲームです。

得点の方法が面白く、全員に当てられてしまうと、語り部は得点を貰えません。

投票が他の候補に別れた場合は、語り部と、語り部のカードに投票した人は3ポイントずつもらえ、また語り部以外の「それらしい候補」を出して、他から投票してもらえた人は、その投票数分だけ、ポイントを貰えます。

たとえば、 5人プレーヤーの場合。語り部が「わお」”Wow”という題を出しました。

語り部の出したカードはこれ。

f:id:bushfuchsia:20180111152452j:plain

他の人のカードがこれ。

f:id:bushfuchsia:20180111152643j:plain

この中から、語り部以外の人が、語り部の”Wow”はどれかを見つけます。でも上記のたとえば右端も”Wow”、右から2番目も”Wow”でもよさそうでしょう?

クラス内では、ゲームの説明は基本日本語でして、英語も混ぜます。題を日本語で言ってもらってから、それを英語で何ていうかな?と言ってみながら覚えていきます。

たとえば、

「どうしたの?」だったら What’s happening?

「どこへ行くの?」だったら  Where are you going?

と、その都度、英語で言ってもらいます。

1年生には難しいかな、と、思いましたが、いやいや、年齢に応じて楽しめます。

大人は大人で、深読みしたりして、なかなか面白い。また勝とうとしても勝てないので、勝ち負けよりもプロセスを楽しめるところが良いのです。絵も綺麗で意味深なので、見ているだけで想像力をかきたてられます。

「来週もやるよね?やるよね!」って、みんな言ってました。

はい、やりますよ〜!!

えいごのいずみに行くと、なにか楽しいこと、面白いことがあるな!って、子どもが思ってくれるよう、先生は日々、がんばっているのよ〜。自分も楽しんでるけど(笑)

amazon

ディクシット 日本語版

楽天


ディクシット 日本語版【新品】 ボードゲーム アナログゲーム テーブルゲーム ボドゲ 【宅配便のみ】

***********

⭐えいごのいずみ蕨では、4月からの新1年生、2・3年生、4年生、5年生を募集中です。⭐

説明会 2月15日 午前11:00〜12:00

蕨駅近くの八百屋さん&カフェ Hand to Hand 3F

詳しくはこちら

お問い合わせ、お申し込みはこちらまで:

オルタナティブ・ラボ To Be  鵜納(うのう)

[e-mail]alternative_labo_to_be@yahoo.co.jp

えいごのいずみ蕨alternativelabotobe.wordpress.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です