夏休みの4回から変われるチャンス

2学期始まって、もう9月も半ばです。
涼しい日もありますが、まだまだ暑い毎日、お元気でしょうか。

えいごのいずみは、学生の方たちは、放課後の時間に教えているので、
基本、夕方〜夜の仕事です。
で、教える人は私だけなので、授業枠は、
あっという間に満員になります。

4月に入ってから、お母様から何度も入室希望のご連絡いただいていた
中学生の子がいたのですが、どうにも時間がない。

なんとか、夏休みならできるかな、ということで、
4回、来てもらいました。


身体の使い方も見せてもらいまして、
身体を動かしたりしながら、
こんなのしかやらない日もありました。(左右の統合をしていきます)

それからこれですね。フォニックス。

入力はとてもゆっくりな子です。

でも、素直。

**********

高校で非常勤で教えてたときに驚いたことがあります。
pot が読めなかった子のいるクラスで、フォニックスを教えたら、

「先生、今日は、今までで、一番意味のある授業だった。
オレ、みんなが英語をどうやって読んでいるのか、初めてわかった」


高1の3学期に言われました。

ほぼ4年間、大変だったね……って思いました(泣)
わからないまま、1日座ってるのって、どんだけ苦痛か。

どうにも読めない人、どうにも点数がとれない人は、
学校の進み具合は一旦脇に置いて、

フォニックスをやるのも一つの案かなと思います。

*****************

夏休みの子は、なんとか授業枠を作りまして、
2学期から通ってくることになりました。

今までほとんど点がとれなかった朝の単語テスト、
2学期は10点満点取れました 🎉

100点満点のテストも、一桁だった点が、
35点にもなりました。

何か掴んだ感じです。

単語は、
「家でもがんばって、練習してる」って言ってました。

そうなんだね。

「theって何ですか?」
「文法、知りたいんです」

やる気満満です。

「頑張れ」って言われても、
どうやって頑張ればいいのか解らない……。
どこから手をつければいいのかわからない……。

そんな子の助けになる塾やお教室がもっと増えたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください