歯が抜け始めてる子、これからの子

こどもは、こどもの歯から大人の歯に生え変わりが始まるとき、一つの大きな節目を迎えます。

早い子は、5歳くらいから抜け始めますから、年長さんで、もう抜け始める人もいると思います。

そして、1年生になってもまだ抜け始めない人もいます。

そういう人は、まだ、身体を育てる方にエネルギーを使っています。

環境が、目覚めを急がせる現代、貴重なゆっくりさです。

 

同じ1年生でも、交歯(こどもの歯から大人の歯へ変わること)が始まっている子と、これからの子は、描く絵も、言うことも全然違います。

交歯前の人は、まどろんでいるような、一枚ヴェールのかかったような、まゆの中にいるような雰囲気をまとっています。

季節のテーブルのお人形で遊びたいし、

夕方4時からのクラスでは途中で眠くなってしまいます。

学校でがんばってますからね。

そして、最後に歌う、5度の気分のペンタトニックお歌が大好きです。

「この歌ね、大好きなんだよ」

って、いつも言います。

交歯の始まっている子と、始まっていない子の混在しているのが1年生です。

早くても、遅くても、

同じ学年の他の子と比べて、焦ったりする必要はありません。

まだ身体を作るのにエネルギーを使っているので、知的なことはもっと後からついてきます。

歯が抜け出したら、雰囲気も態度もいろいろ変わってきますので、

もう少し、このふんわりした時間を楽しみましょう。

 

なーんて、わたしも今だから言えるのですが、わたしの性格では、

自分が若いとき、自分の子だったら、目覚めたお子さんと比べて焦ったと思います。

でも、大丈夫です。

今は、他の子と比べるのって、意味がないのが、よくわかります。

小さいときから大人になるまで、自分の子だけじゃなくて、いろいろなお子さんと関わらせてもらったおかげです。

学校外のアクティビティなので、ゆっくり見守っていきます。

 

交歯前

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です